言葉

断トツの由来と漢字

断トツの由来と漢字

断トツ、という言葉は会話のなかでも一般的に使用され、新聞やニュースなどでも見ることがあります。

表記は、漢字と片仮名で「断トツ」と書くか、あるいは全て片仮名で「ダントツ」と書くことがほとんどですが、それでは全て漢字で表記する場合は一体どの漢字を当てるのでしょうか。

実は、「断トツ」には漢字はありません。

なぜなら、「断トツ」という言葉の由来が「断然トップ」の略語だからです。

断然トップの「トップ」が語源なので、当然漢字はありませんし、また断トツの意味(「他を大きく引き離して先頭にあること」)にトップが含まれている以上、「断トツのトップ」や「断トツの最下位」といった表現も基本的に誤用となります。

断トツのトップ、断トツの一位は、重複表現になり、断トツの最下位は矛盾になります。

それにしても、この断トツという表現はいつから使用されているのでしょうか。

国語辞典編集者の神永暁さんによると、時期としては1963年、作家で元都知事でもある石原慎太郎氏が文章として発表したのが最初のようです。

この語がいつ頃使われるようになったのか、はっきりしたことはわからないのだが、『日本国語大辞典 第2版』の用例は、石原慎太郎『死のヨットレース脱出記』の「スタートからダントツ(断然トップ)で出たが」というものである。この文章が発表されたのは1963年で、わざわざ「断然トップ」という注釈を加えているところをみると、ほぼその時代に生まれた語なのかもしれない。新語を積極的に掲載している『三省堂国語辞典』も「断トツ」を登録したのは1974年発行の第2版からである。

出典 : 日本語、どうでしょう?

これはあくまで文章に掲載されたのが最初ということで、石原慎太郎氏が生みの親かどうか、といった辺りは分かっていません。

当時、徐々に使われ出した言葉だったのかもしれません。

以上、「断トツ」の由来と漢字でした。