言葉

メンヘラの由来

メンヘラの由来

最近、メンヘラという言葉を耳にする機会も多いかもしれません。

メンヘラは、当初ネット中心に使われるネットスラング(俗語)でしたが、近頃は日常会話でも使用されるようになりました。

メンヘラという言葉は、特に科学的な専門用語や病名というわけでないので正確な定義はなく、ざっくりと精神が不安定だったり心に病を抱えている(ないしは、抱えていそうな雰囲気の)ひとを意味します。

なんらかの精神疾患を抱えている人や、抱えていると思われる人は、インターネットの俗語でひとまとめにメンヘラと呼ばれています。

メンヘラは特定の精神疾患を指しているわけではなく、ニュアンスのあいまいな言葉です。

一応、境界性パーソナリティ障害がそれに近いとみる向きもありますが、ネットの内外でこの言葉が使われているさまを見ていると、衝動のコントロールがあまり良くない人、風変りな言動の人、うつ病や不安障害で精神科や心療内科に通院している人などが、一緒くたに「メンヘラ」と呼ばれているように見受けられます。

また、他人を揶揄したり中傷したりするために「あいつはメンヘラだから駄目だ」などと言う人がいる反面、ミステリアスな人物の魅力を語る際に「ちょっと気になるメンヘラだ」といった表現をする人もいて、否定的な言葉とは言い切れない側面も持ち合わせています。

出典 :「メンヘラ」という言葉はどう変化してきたか。精神科医が解説

メンヘラ彼氏、メンヘラ彼女といったように恋愛の会話の際に使われることもあり、この場合は、「かまってちゃん」「重い」「感情の起伏が激しい」男性や女性を意味します。

ちょっと上の世代ではあまり使われることはなく、そもそもこうした言葉自体知らないというひとも多い(テレビで使われず、ネットが若い頃から身近だったわけでもないため)ですが、30代、20代、10代といった若者世代では普通に使用される言葉です。

それでは、メンヘラという言葉は一体いつから使われるようになったのでしょうか。

メンヘラの由来は、2010年頃、インターネットの匿名掲示板2ちゃんねるで使われるようになり、語源は「メンタルヘルス(精神の健康)」にあります。

その掲示板で、精神疾患を抱えるひとたちが自分たちのことを指す言葉として「メンヘル」と呼び、その「メンヘル」が派生し、「メンヘラ」となります。

当初は「メンヘル」も使用されていたものの、語感のよさから「メンヘラ」が主流になり、2010年代に広がっていき、一時の流行語というよりも日常用語の一つとして定着しつつあり、現在に至ります。

定義や診断といった明確な境界線がないことが、気軽に使われる要因ともなり、今のような「メンヘラ」の浸透に繋がっているのかもしれません。

以上、メンヘラの由来でした。

参考

【漫画】メンヘラ女子と付き合ったらどうなるのか?【マンガ動画】