言葉

未亡人の由来と対義語

未亡人の由来と対義語

日常ではあまり使われませんが、小説などで使われる表現に、未亡人みぼうじんという言葉があります。

未亡人とは、夫に先立たれ、再婚しない女性、という意味で、男性に使うことはありません。

未亡人の漢字を見ると、「未だ亡くならない人」と書きます。一体なぜ「未亡人」と書くのでしょうか。

これは、かつて中国には夫が亡くなったら妻もそれに従う、という考え方があり、夫が亡くなったにもかかわらず「未だ亡くならない人」と謙遜の意味で自称する際に使ったことに由来します。

古くは平安時代の書物にも「未亡人」という言葉は残っています。

現代はこうした意味合いはありませんが「未亡人」という文字だけ残り、夫に先立たれた女性を指すようになりました。

それでは、逆に反対語として「妻に先立たれた夫」という男性に使う「未亡人」のような言葉はないのでしょうか。

未亡人の対義語としては、「男やもめ」という言葉があります。

この「やもめ」とは、「寡」と書き、本来は夫が亡くなり再婚しない女性や独身の女性を意味し、妻を失くした男は「やもお」と言いましたが、「やもめ」は男女両方に使える言葉でもあります。

また特に男性を指し、「男やもめ」と言うこともあります。

ただ、「やもめ」というのは配偶者が亡くなり、再婚しない男女だけでなく、独身を貫く男女も指し、「男やもめ」も、独身男性や離婚したあと再婚しないで一人でいる男性も意味します。

ことわざにある「男やもめにうじが湧き、女やもめに花が咲く」とは、妻を失った男や一人暮らしの男はついつい不潔な環境で生活するようになるのに対し、夫を失った女や一人暮らしの女は夫の世話もなくなり身ぎれいにして華やかになることを意味します。

ちなみに、英語では、未亡人を「widow」、対義語の男性形を「widower」と言います。

以上、未亡人の由来と対義語でした。